分譲住宅と注文住宅の比較

分譲住宅とはある程度広い分譲地に複数の住宅を建てることです。


少ない場合は5、6軒ですが、多い所は100軒を超える住宅が建ち並んでいます。

日本経済新聞情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

では、分譲住宅と注文住宅はどちらがいいでしょうか。



そのメリットや問題点について調べてみましょう。まず分譲住宅のメリットは、価格が安いことです。

注文住宅の7割から8割程度の値段で購入することが可能になります。

このように格安の理由はいったい何でしょうか。


それは、複数ある住宅の中で元々住宅の設計がそれほどどれも変わらないため設計にお金がかかっていません。


また、土地が安いのもポイントになります。

土地は1棟だけ建てるための土地を購入するわけではなく、数十棟まとめて建てるための土地を利用します。

そのため、注文住宅と同じ面積を同じような地価で購入した場合には半額程度で購入することが出来ると言うことです。

このようにさまざまなメリットがありますが、注文住宅にもたくさんのメリットがあります。まず、基本は自由設計であることです。
自由な設計をすることが可能になるため希望している間取りがある場合には法律と予算の範囲内で建てることが可能になります。


また、外壁や屋根も好きな素材を楽しむことが出来ます。ただし、どうしても価格が高くなってしまいますので、金銭的な余裕がある場合を除いてはできるだけ分譲住宅を選ぶ方がいいかもしれません。いずれの場合もメリットや問題点があります。より自分達にあった住宅を選ぶべきです。