一戸建て住宅に必要なメンテナンス

マンションでは共用部分の補修には修繕積立金がありますし、管理組合が責任をもって修繕を進めるのが特徴ですが、一戸建て住宅の場合には全てを所有者が行う必要があります。

日頃のメンテナンスには色々なものがありますが、人間の体と同じで早期発見、早期修繕が基本原則となります。



具体的には早期発見ではなく劣化や異常が目に見える前に手を加えることが基本となります。

劣化が目に見えてくるといたるところに影響が出てくるため、修繕が広範囲に及ぶことになります。
木造の一戸建て住宅では水に対して抵抗力が無いため、雨漏りや外壁からの水の侵入により寿命を縮めてしまうことになりますので、異常が見られない場合にも定期的にメンテナンスをしていく必要があります。
メンテナンスは使用している材料によって変わる部分が多いですが、現在ではほとんどが既成品の建材を使用しているため、建材メーカーからも材料の耐久性を知ることが可能です。



新築の場合には施工業者や設計業者に依頼してメンテナンスを行うのが良い方法ですが、他にも専門業者を探して良い関係を築くことも良い方法です。



住宅は高額な出費を伴いますので、寿命を延ばし長く使用する必要がありますが、そのためにはメンテナンスによって健全な状態を維持していくことが大切です。
一戸建て住宅ではメンテナンス費用も全て自分で用意する必要がありますので、住宅ローンは余裕を持った返済計画を立てることが大切です。