建築できない可能性のある土地

日本全国どの場所においても、建築物を建てることができるわけではありません。

建築できない可能性のある土地も存在することを知っておく必要があります。



建築できない可能性のある土地の代表的なものは、市街化調整区域です。

各都道府県は都市化を計画的に進めるために、都市計画区域を設定することができます。
その場合、都市計画区域を市街化区域と市街化調整区域に分け、市街化調整区域は建築を制限することで、都市の無秩序なスプロール化を防ぎます。したがって、市街化調整区域内では、農林水産業を営む者が建てる住宅等を除いて、建築が制限されます。日本各地には国立公園や国定公園に指定されている場所があります。



これらの地域でも建築は制限されます。

町の中でも、建築できない可能性のある土地があります。都市計画区域内で建築するためには、敷地が道路に接していることが必要ですが、法的に認められる道路に接していない敷地もあります。

道路に接していない敷地は、たとえ現在、建物が建っていたとしても、新たに建築することは出来ません。



他にも、災害危険地域等の建築ができない地域もあるので注意が必要です。
その土地が建築できる場所であることを知る確実な方法は、市区町村の担当窓口に尋ねることです。

遠方からの場合は電話で場所の住所を知らせるだけで、建築できない可能性のある土地であるかどうかを教えてくれます。

詳しい状況を説明する必要があれば、その時、役所を訪れても遅くはありません。