新築一戸建ての間取り

新築一戸建ては、間取りが自由に決められる利点があります。注文住宅は原則として間取りが自由で、分譲住宅も、さまざまな間取りの中から気に入った間取りの住宅を選ぶことができます。

間取りの設計では、家族が過ごす時間の長い居間を重点的に整備することが大切です。



居間はなるべく広くとり、家族がゆったりとくつろいだり、趣味や勉強にも使えるスペースにしたいものです。

キッチンを居間と同じ空間の中につくる、アイランド型キッチンが人気です。

BIGLOBEニュースをご提案いたします。

主婦が炊事をしている時でも家族と話ができるので、楽しい空間を演出できます。

キッチンには主婦が作業をするためのデスクを設けると、炊事の間に家計簿や軽作業ができて便利です。
キッチンから居間を通らずに、洗面や洗濯など水廻りの各室に直接行けると便利です。


新築一戸建ては、主婦が家事をする部屋を近づけて配置することで機能的な間取りとなり、主婦の負担を減らすことができます。

新築一戸建ての間取りを使いやすくするためには、なるべく部屋の通り抜けができるようにし、家の中を一周できるような間取りとすると使いやすくなります。



一つの部屋へ行くのに一つのルートだけでなく、複数のルートを使って行くことができれば、使いやすい間取りとなります。

家の中を廻れる間取りは単に使いやすいだけでなく、楽しい空間を演出することができます。
2階との吹き抜けを設ける場合は部屋の部分を避け、玄関ホールや廊下部分を吹き抜けとすることで、空調を無駄なく使うことができます。